学校の校則と髪型

学校での髪型の校則は

髪型についての学校の校則

学校の校則に髪型の規定がある所もあります。多くの規定髪の毛の色を染めてはいけないことや、パーマをかけてはいけないことというものではありますが、学校によっては、女子は髪の毛が肩につくならゴムでしばるとか、男子は短髪でなければならないとか、細かな規定があるようですが、もっと厳しい所では、前髪は眉毛より上でなくてはならないとか、男子は坊主にしなければならないなどがあります。昔は教師による体罰はほとんど表沙汰にならずにいましたが、近年は問題に挙がることも多くなったため、校則も昔ほど厳しいものは減ってきているようです。

理想はみんなで作る校則

各中学や高校にはそれぞれの校則が設けられています。規則を作り、それを生徒に守らせることによって規律正しい学校生活を送らせることを目的としています。一般的には公立よりも私立の方が厳しく、特に女子高では制服のスカ-トの丈や、靴下、髪型まで厳しく制限されているところもあります。校門の前に朝先生が立っていて、抜き打ちで服装をチェックしているところもあります。校則が厳しすぎると学生が反発して逆効果になりがちです。学生の声を取り入れ、生徒会などと意見をすり合わせて規則を定めているという学校も数も最近は少しずつ増えています。

新着情報

↑PAGE TOP