学校のアルバイト校則

学校の校則とアルバイト

学校の校則においてのアルバイト

学校においては、それぞれの校則によって、アルバイトについて定められています。例えば、許可をしているところもあれば、禁止をしているところもあります。これは、学業や部活動に支障が出てしまうという理由です。しかし、場所によっては、奨学金を借りていたり、実家の生活が困窮しているなどの正当な理由があれば、特別に許可をしているところもあります。また、夏休みや冬休みなどを長期休暇のみを許可しているところもあります。いずれにしても、その学校によって校則が違い、アルバイトに関する扱いは大きく異なります。そのため、しっかりと確認してから、行うようにしましょう。

校則について傾向とは

学校の校則はだんだんと厳しくなっている傾向にあります。それは小学校から始まっており、持ち物や服装なども地域によっては厳しく先生から指導を受けるところも出てきています。校則まではいかなくても、小さな決め事は昔よりも非常に多く、ペンケースの形や鉛筆の芯の濃さなど、細かく決められている様です。こういった背景には、いじめやトラブルの回避の為というところが多いようです。小さなことでいじめやトラブルが起こってしまう年代の子供達ですから、そういったことが起こらないように原因から排除してしまおうというところも多いようです。確かにいじめなどは嫌な物で、出来れば無くなって欲しいものですから、そういった理由なのも納得です。

↑PAGE TOP