学校の服装と校則

学校の校則で定められた服装

学校服装は校則で定められている

制服のある学校では服装規定が校則によって定められています。男子の学生服は全国共通の標準型が規格として定められており、そこから逸脱しているものは不可とされる指導の対象となるケースがほとんどです。女子の場合はスカート丈などの規則が厳しく定められているケースもあります。ソックスの(ストッキングやタイツを含む)色、防寒具や外套類の種類など、さらに詳細に決められている場合もありますが、逆に服装規定を大幅にゆるくしたり、制服を廃した上で私服通学としている学校も少なくありません。伝統や地域性によって大きく異なることが特徴です。

人を育てる自由な校則とは

学校の校則は学生を締め付ける為に設けられるものばかりとは限りません。自由で学生の自主性や自立の精神を養うものも存在します。細かいルールなどを設けず、人に迷惑をかけない範囲なら、自由を認めているようなものが本当の意味で人を育てる校則です。このような学校は難関高校や難関大学に多くなっています。自由なルールの下に、優秀な学生は伸び伸びと育ち、社会で活躍する人になっていくのです。高校や大学選びで迷うなら、自由で自主性や自立の精神を重要視しているようなところをおすすめします。逆にルールが厳しいところはおすすめしません。

↑PAGE TOP