学校の校則と携帯電話

学校の校則と携帯電話使用

学校の校則における携帯電話

それぞれの学校の校則によって、携帯電話の扱い方は異なります。例えば、所持そのものを禁止しているところもあります。しかし、実際には、家で使うのであれば、バレることはありません。友人たちの多くも隠れて所持していることが多いため、お互いに秘密にしておくことを決めて、正しい使い方をしていれば問題はありません。他にも。学校に持っていくることを禁止しているところもあります。しかし実際には、禁止されていたとしても、持ってくる人は多いです。ただし、携帯電話をマナーモードにし忘れていて、先生にバレる場合もあるので、扱い方には注意をすることが大事です。

校則がある理由はなにか

校則ってなんのためにあるのか。これは誰もが一度は思ったはずです。必要ない、もっと自由がいい、厳しすぎる、生徒総会で議論になるほどです。では、なぜ、校則というものがあるのか。それは、生徒たちが学校生活を安全に過ごせるため、問題をなるべく起こさないようにするため、生徒たちの平等を守るためです。バイク通学の禁止や、深夜俳諧の禁止で生徒の安全を守ることができ、トラブルに巻き込まれないようになります。そうすると、問題も起きません。制服や身だしなみに規則を設けることで貧富の差を防ぐことができます。このようなことを守ることで、学校生活を楽しく過ごすことができます。

↑PAGE TOP